野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム杉浦、完全試合逃すも7回途中1安打の快投で降板 オリ吉田正に右翼線二塁打浴びる

日本ハムの杉浦稔大投手が26日、本拠地・札幌ドームでのオリックス戦に先発。7回2死まで1人の走者も許さないパーフェクト投球を続けていたが、吉田正に右翼線二塁打を浴び快挙達成とはならなかった。

日本ハム・杉浦稔大【写真:石川加奈子】
日本ハム・杉浦稔大【写真:石川加奈子】

7回2死まで1人の走者を許さない完全投球を見せるも吉田正に右翼線二塁打を浴びる

■日本ハム – オリックス(26日・札幌ドーム)

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの杉浦稔大投手が26日、本拠地・札幌ドームでのオリックス戦に先発。7回2死まで1人の走者も許さないパーフェクト投球を続けていたが、吉田正に右翼線二塁打を浴び快挙達成とはならなかった。

 初回の先頭・宗を投ゴロ、宜保、吉田正を右飛に抑え3者凡退スタートを切ると、その後は危なげない投球を続けスコアボードに「0」を並べる。5回を終え完全投球を続けると6回はマレーロ、西浦、飯田を3者連続三振、さらに7回も宗を三ゴロ、宜保を遊ゴロに抑えたが吉田正に右翼線二塁打を浴びた。

 杉浦は初安打を浴びたところで降板。6回2/3、1安打無四球の快投を見せ2番手には吉川光がマウンドに上がった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」