野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ア軍グリンキーが相手打線を翻弄 102キロ遅球に米ファン驚愕「クレイジー」

ア軍グリンキーが相手打線を翻弄 102キロ遅球に米ファン驚愕「クレイジー」

アストロズの先発ザック・グリンキー投手は25日(日本時間26日)、敵地マリナーズ戦に登板。マリナーズの菊池雄星投手と投げ合い、9回1死までノーヒットノーランという圧巻のピッチングを披露。その登板でみせた超遅球が話題となっている。

アストロズのザック・グリンキー【写真:Getty Images】
アストロズのザック・グリンキー【写真:Getty Images】

振ったシーガーは悔しげ、捕ったチノリスはニヤリ

■アストロズ 3-0 マリナーズ(日本時間26日・シアトル)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 アストロズの先発ザック・グリンキー投手は25日(日本時間26日)、敵地マリナーズ戦に登板。マリナーズの菊池雄星投手と投げ合い、9回1死までノーヒットノーランという圧巻のピッチングを披露。その登板でみせた超遅球が話題となっている。

 MLB公式ツイッターは7回のラストバッター、シーガーを仕留めた場面を動画で紹介。グリンキーが投げたのは、なんと63.6マイル(約102キロ)の超スローボール。しかも低めいっぱいに決まるナイスボールで、シーガーは空振り三振。投げた本人は当然だといわんばかりの無反応であるのに対し、振り切った直後に悔しそうな表情を浮かべるシーガー、そして捕手のチノリスはマスクを外してニヤリ。

 あまりの出来事にファンのコメントも「ワォ!!」「クレイジー」「すごい……」「なんてこった」とただただ驚くばかり。あるファンは「ザックが打者を愚かに見せている」と、マリナーズ打線を手のひらで躍らせたグリンキーに舌を巻いていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」