野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム斎藤佑が約1か月半ぶり1軍登板 12球で3者凡退、1奪三振に抑える

日本ハムの斎藤佑樹投手が27日、本拠地オリックス戦に3番手で登板。4回からマウンドに上がり、3者凡退に抑えた。

日本ハム・斎藤佑樹【写真:荒川祐史】
日本ハム・斎藤佑樹【写真:荒川祐史】

3番手で登板してロメロ、中川、マレーロ斬り

■日本ハム – オリックス(27日・札幌ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムの斎藤佑樹投手が27日、本拠地オリックス戦に3番手で登板。4回からマウンドに上がり、3者凡退に抑えた。

 斎藤佑は24日に1軍に昇格してから初の登板。8月6日のオリックス戦以来の1軍マウンドとなった。2点ビハインドの状況で、先頭ロメロはカウント2-2からカットボールで遊ゴロ。さらに、中川はカウント1-1から133キロの直球で右飛に仕留めると、マレーロは1ボール2ストライクと追い込んでから、122キロのカットボールで空振り三振に仕留めた。

 12球で3者凡退に仕留める好投。田中賢介内野手の引退試合でリズムを作った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」