野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 菊池、浅村、炭谷…主力が抜けても強かった西武 圧倒的な打力&走力でパ2連覇

菊池、浅村、炭谷…主力が抜けても強かった西武 圧倒的な打力&走力でパ2連覇

今月24日にパ・リーグ2連覇を決めた西武が、26日の楽天戦(楽天生命パーク)で2019年のレギュラーシーズン全日程を終了した。戦績は80勝61敗1分け。チームを2年連続23度目のリーグ優勝に導いた辻発彦監督は、優勝インタビューで「私は何もしていません」と言い切った。一人一人の選手を観察し、開花の時を粘り強く待ち続ける指揮官が、今年も宙を舞った。

パ・リーグ連覇に導いた西武・辻監督【写真:安藤かなみ】
パ・リーグ連覇に導いた西武・辻監督【写真:安藤かなみ】

先発不足で不安な船出も打線がカバー、日本勢だけの20発クインテットはパ初

 今月24日にパ・リーグ2連覇を決めた西武が、26日の楽天戦(楽天生命パーク)で2019年のレギュラーシーズン全日程を終了した。戦績は80勝62敗1分け。チームを2年連続23度目のリーグ優勝に導いた辻発彦監督は、優勝インタビューで「私は何もしていません」と言い切った。一人一人の選手を観察し、開花の時を粘り強く待ち続ける指揮官が、今年も宙を舞った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

『CATCH the GLORY 新時代、熱狂しろ!』をスローガンに掲げ、辻政権3年目のシーズンはスタート。チームにとって急務なのは投手陣の整備だった。絶対的エースとして君臨した菊池雄星がポスティング制度を利用して米大リーグのマリナーズに移籍。昨年阪神からトレードで加入して11勝を挙げた左腕・榎田が左肩の違和感を訴えて3月上旬に離脱した。巨人にFA移籍した炭谷の人的補償で加入した内海も左浅指屈筋の肉離れで開幕前に戦列を離れた。

 先発陣に不安を抱えたままシーズンを迎え、ソフトバンクにいきなり開幕3連敗。厳しい船出となった。昨季最多勝の多和田が体調不良に見舞われるアクシデントにも見舞われた。しかし、新外国人のニールが12勝を挙げる活躍を見せたほか、4年目の本田がローテーションの一角を担うなど若手が台頭し、チームを支えた。

 打線では昨年の打点王・浅村がFAで楽天に移籍。得点力不足が懸念されたものの、山川、森、中村をはじめとした主軸が打ちまくった。パ・リーグでは初となる日本選手だけによる20発クインテット(山川43本、中村30本、外崎26本、森23本、秋山20本)が誕生。両リーグ最多の年間756得点を叩き出した。

 派手な打撃に目を奪われがちだが、辻野球は繊細で細やかでもある。41盗塁をマークし、3年ぶり2度目盗塁王をほぼ手中に収めている金子侑を筆頭に、チーム盗塁数はこちらも両リーグトップの134。一つ先の塁を狙う高い走塁意識で「次の1点」をもぎ取るなど、多彩な攻撃パターンで他球団を圧倒した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」