野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム清宮、現役引退の田中賢のラストプレーに感激 「めちゃくちゃカッコ良かった」

今季限りで引退する日本ハムの田中賢介内野手が27日、今季最終戦となった本拠地オリックス戦に「2番・DH」で出場し、6回に右前打、8回の最終打席は号泣しながら右翼フェンス直撃の適時打を放ち、日本通算1499安打で日米20年間のプロ生活にピリオドを打った。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

偉大な先輩と2年間を共にし「存在感が絶大で、いるだけで場が落ち着く」

■オリックス 5-1 日本ハム(27日・札幌ドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 今季限りで引退する日本ハムの田中賢介内野手が27日、今季最終戦となった本拠地オリックス戦に「2番・DH」で出場し、6回に右前打、8回の最終打席は号泣しながら右翼フェンス直撃の適時打を放ち、日本通算1499安打で日米20年間のプロ生活にピリオドを打った。

 北海道移転後の5度の優勝全てに関わった唯一の選手。黄金時代を築いたレジェンドの引退に、有原航平投手ら後輩たちが涙を流して別れを惜しんだ。

 プロ2年目の清宮幸太郎内野手は8回の適時二塁打に目を見張った。「泣いていてボールが見えるのかなと思いましたが、勝負強い。めちゃくちゃカッコ良かったです」と興奮気味に語った。

 わずか2シーズンの付き合いだったが「存在感が絶大で、いるだけで場が落ち着くということをすごく感じたので、寂しいです。大きなものを失うと感じました」としんみりとした表情で話した。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」