野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 巨人坂本勇はNPB屈指の「打てるショート」 残り1試合で“遊撃手最多本塁打”なるか?

巨人坂本勇はNPB屈指の「打てるショート」 残り1試合で“遊撃手最多本塁打”なるか?

巨人、坂本勇人は9月27日のDeNA戦の4回、左翼にソロホームランを打った。これが今季40号。遊撃手が40本塁打を打つのは、NPBでは史上2人目だ。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

遊撃最多本塁打は1985年の中日宇野がマークした41本塁打

 巨人、坂本勇人は9月27日のDeNA戦の4回、左翼にソロホームランを打った。これが今季40号。遊撃手が40本塁打を打つのは、NPBでは史上2人目だ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 遊撃手は内野手では最も守備範囲が広く、送球の距離も長い。それだけに高い守備力が求められる。守備が優先されるポジションだといえよう。打者としては俊敏性を買われて上位を打つことも多い。遊撃手のスラッガーは、他のポジションに比べて少ない。

 NPBで30本塁打以上した遊撃手(出場試合の過半数を遊撃手として出場)。※は9月27日現在。試合は遊撃手としての出場試合数。

41本 宇野勝(中日)1985年 /130試合
40本 坂本勇人(巨人)2019年 /140試合※
37本 宇野勝(中日)1984年 /130試合
36本 松井稼頭央(西武)2002年 /139試合
34本 池山隆寛(ヤクルト)1989年 /128試合
33本 松井稼頭央(西武)2003年 /137試合
32本 池山隆寛(ヤクルト)1991年 /132試合
32本 野村謙二郎(広島)1995年 /131試合
31本 池山隆寛(ヤクルト)1988年 /130試合
31本 池山隆寛(ヤクルト)1990年 /130試合
31本 坂本勇人(巨人)2010年 /144試合
30本 宇野勝(中日)1982年 /124試合
30本 宇野勝(中日)1987年 /130試合
30本 池山隆寛(ヤクルト)1992年 /126試合

 中日の宇野勝は、1982年に遊撃手として初めて30本塁打。以後、1984年には37本塁打で本塁打王のタイトルを掛布雅之(阪神)とともに獲得。その翌年に41本塁打を記録した。遊撃手の本塁打王は、1944年の金山次郎(産業 3本)と1984年の宇野だけだ。

「打てる遊撃手」は、この宇野を始め、池山隆寛、松井稼頭央、野村謙二郎と顔ぶれが限られている。坂本勇人も2010年に31本塁打を打っていたが、今年は34年ぶりに40本の大台に乗せた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」