野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

今永がセ・リーグ奪三振トップ182Kに到達 2位巨人山口は今夜先発

DeNAの今永昇太投手は28日、今季最終戦となる横浜スタジアムでの阪神戦に先発。3回3奪三振で今季182奪三振に到達し、セ・リーグの奪三振トップに浮上した。タイトルを争う巨人山口は今夜のヤクルト戦(神宮)に先発する。

DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】
DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】

今永勝てば14勝目、対する阪神はCS進出かかる一戦

■DeNA – 阪神(28日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAの今永昇太投手は28日、今季最終戦となる横浜スタジアムでの阪神戦に先発。3回3奪三振で今季182奪三振に到達し、セ・リーグの奪三振トップに浮上した。タイトルを争う巨人山口は今夜のヤクルト戦(神宮)に先発する。

 今永は、奪三振でトップの山口に2差で迎えたこの日、初回から三振を積み上げた。2死から福留を迎えると、1ボール2ストライクから空振り三振。さらに2回には中谷をチェンジアップで空振り三振に仕留めると、続く3回も先頭の木浪を直球で見逃し三振に。毎回の奪三振で阪神打線を抑えている。

 今永はここ2戦で勝利を挙げることができず、前回19日の広島戦(横浜)では4回1/3で7失点KOを喫していた。来週には本拠地初開催となるクライマックス・シリーズ(CS)が控え、そこでの登板も明言されている中でのレギュラーシーズン最終登板。ラミレス監督は試合前、「ここまでこれだけの結果を出しているのでCSでも起用するが、今日勝ちついて、奪三振のタイトルもとって勢いをつけてCSに入ってくれたらいいと思う」と期待を寄せていた。

 対する阪神は、3位広島が27日の中日戦(広島)に敗れたため自力CS進出の可能性が復活。残り3戦に全勝で3位に浮上する。負けられない一戦だが、ここまでは今永に翻弄されている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」