野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBが来年の春季キャンプで「ロボ審判」使用も 秋季リーグで導入中

MLBが来年の春季キャンプで「ロボ審判」使用も 秋季リーグで導入中

メジャーリーグ機構(MLB)が、ストライクとボールを電子的に判定する「ロボット審判システム」ABS(Automated Ball-Strike System)を、有望株が集まる「アリゾナ・フォールリーグ」で導入して話題を呼んでいる。ABSは、MLBと提携関係にある米独立プロ野球リーグ「アトランティック・リーグ」でまず試験的に導入された。米メディア「CBSスポーツ」などによると、今回は「ソルトリバー・ラフターズ」と「スコッツデール・スコーピオンズ」の本拠地である「ソルトリバー・フィールズ」で開催される全ての試合で使用されているという。

「ロボット審判システム」は米独立リーグで試験的に導入されている
「ロボット審判システム」は米独立リーグで試験的に導入されている

米独立リーグの「アトランティック・リーグ」で最初に試験導入

 メジャーリーグ機構(MLB)が、ストライクとボールを電子的に判定する「ロボット審判システム」ABS(Automated Ball-Strike System)を、有望株が集まる「アリゾナ・フォールリーグ」で導入して話題を呼んでいる。ABSは、MLBと提携関係にある米独立プロ野球リーグ「アトランティック・リーグ」でまず試験的に導入された。米メディア「CBSスポーツ」などによると、今回は「ソルトリバー・ラフターズ」と「スコッツデール・スコーピオンズ」の本拠地である「ソルトリバー・フィールズ」で開催される全ての試合で使用されているという。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 MLBのシニア・バイス・プレジデントであるモーガン・ソード氏はMLB公式サイトで「ABSをアリゾナ・フォールリーグで使い続けることを決めた。これは、審判、選手、コーチから、フィードバックが得られる重要な機会となる」と話している。

 CBSスポーツは「今回の導入は、MLBが、電子ストライクゾーン(ロボット審判)に興味を持ち続けていていることを示しており、次の大きなステップとして、2020年のスプリングトレーニングで使用するということもあり得るかもしれない」と指摘している。

 9月18日に開幕した「アリゾナ・フォールリーグ」は10月26日まで開催される。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」