野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • パ王者・西武の野球が豪快過ぎる 逆転勝利数と逆転負け数から見える各球団の特色

パ王者・西武の野球が豪快過ぎる 逆転勝利数と逆転負け数から見える各球団の特色

先制された試合をひっくり返しての逆転勝利は、ファンにとってもたまらないものだ。パ・リーグのレギュラーシーズンは西武が2連覇を達成したが、逆転勝利、逆転負けが多かったのはどの球団だったのだろうか。今回はチームの総得点、総失点にもアプローチしながら、逆転劇をより多く見せたチームと、逆転負けを喫しやすかったチームがどこだったのか見ていきたい。

逆転勝ち、逆転負けともにリーグ最多だった西武【画像:パーソル パ・リーグTV】
逆転勝ち、逆転負けともにリーグ最多だった西武【画像:パーソル パ・リーグTV】

逆転勝利数は西武、逆転勝利の割合は楽天がトップ

 先制された試合をひっくり返しての逆転勝利は、ファンにとってもたまらないものだ。パ・リーグのレギュラーシーズンは西武が2連覇を達成したが、逆転勝利、逆転負けが多かったのはどの球団だったのだろうか。今回はチームの総得点、総失点にもアプローチしながら、逆転劇をより多く見せたチームと、逆転負けを喫しやすかったチームがどこだったのか見ていきたい。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季のパ・リーグにおける逆転勝利数のチーム別ランキングは、以下の通りとなっている。(数字は全て西武が優勝を決めた9月24日時点)

1位:西武 34勝
2位:楽天 33勝
3位:ロッテ 31勝
4位:ソフトバンク 28勝
5位:オリックス 23勝
6位:日本ハム 22勝

 リーグ最多の逆転勝利数を記録したのは、ペナントレースを制した西武。やはり、強力打線による圧倒的な得点力が作用している。僅差の2位には新加入の浅村栄斗内野手とブラッシュ外野手が活躍した楽天がつけ、ホームランラグーンの設置で本塁打が激増したロッテが3位となった。

 一方、最後まで西武と優勝を争ったソフトバンクは、逆転勝利数では4位という結果に。順位、得点数ともに5位の日本ハム、それぞれ6位のオリックスはやはり逆転勝利数も少ない。苦しい戦いを強いられた今季を象徴する数字の1つとなっている。

 続けて、チームの全勝利数のうち、逆転勝利がどの程度の割合を占めているのかを計算した結果を紹介したい。

1位:楽天 33/70 47.14%
2位:ロッテ 31/69 44.93%
3位:西武 34/80 42.50%
4位:オリックス 23/59 38.98%
5位:ソフトバンク 28/76 36.84%
6位:日本ハム 22/64 34.38%

 最も高いのは楽天で、2番目がロッテ。昨季の順位はそれぞれ最下位、5位と低迷していたが、得点力の向上により劣勢をひっくり返す試合が増えたことが、成績向上につながったといえる。最も少なかったのは日本ハムで逆転勝利数とその割合は、チーム成績ともある程度シンクロしている。ソフトバンクは逆転勝利の割合では5番目。逆転勝利数(4位)からさらに順位を下げている。投手力を生かした先行逃げ切りの形が確立されていたともいえそうだが、終盤に試合をひっくり返す展開が少なかったのは痛かったか。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」