野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

あと2勝でCS進出の阪神、5回に代打・陽川が先制弾 メッセもベンチで拍手

阪神は29日、本拠地で中日と対戦。残り2試合に勝てばクライマックスシリーズ(CS)進出が決まるという状況の中、5回に陽川の3号ソロで先制した。

阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】
阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】

均衡を破る3号先制ソロ、残り2試合に勝利ならCS進出

■阪神 – 中日(29日・甲子園)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神は29日、本拠地で中日と対戦。残り2試合に勝てばクライマックスシリーズ(CS)進出が決まるという状況の中、5回に陽川の3号ソロで先制した。

 今季限りで現役を引退するメッセンジャーが、現役最終登板で大島を空振り三振に仕留めて始まった一戦。両チームともに4回までスコアボードにゼロが並んだが、5回に陽川が均衡を破った。

 3番手・ガルシアの代打として2死走者なしで打席へ。1ボールから中日・柳の136キロ直球を捉え、左翼スタンドに運んだ。CS進出へ向けて、貴重な先制点を奪取。メッセンジャーもベンチで笑みを浮かべ、拍手でこの一発を称えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」