野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団ドラ1新人全員が1軍デビュー! 小園、藤原、吉田輝らの成績を振り返る

中日のドラフト1位ルーキー・根尾昂内野手が29日、敵地・甲子園での阪神戦で1軍デビューを果たした。これで2018年の12球団ドラフト1位選手がルーキーイヤーにデビューを飾った。阪神、中日が残り1試合を残しているが、ここでは今季のドラ1ルーキーの成績を振り返ってみる。

左上から時計回りにロッテ・藤原、日本ハム・吉田輝、広島・小園、中日・根尾【写真:荒川祐史、福谷佑介】
左上から時計回りにロッテ・藤原、日本ハム・吉田輝、広島・小園、中日・根尾【写真:荒川祐史、福谷佑介】

中日の根尾が29日に1軍出場し12球団ドラ1位ルーキーが1軍デビューを果たす

 中日のドラフト1位ルーキー・根尾昂内野手が29日、敵地・甲子園での阪神戦で1軍デビューを果たした。これで2018年の12球団ドラフト1位選手がルーキーイヤーにデビューを飾った。阪神、中日が残り1試合を残しているが、ここでは今季のドラ1ルーキーの成績を振り返ってみる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

【セ・リーグ】

○巨人 高橋優貴 投手
18試合登板、5勝7敗、防御率3.19

○DeNA 上茶谷大河 投手
25試合登板、7勝6敗、防御率3.96

○広島 小園海斗 内野手
58試合出場、打率.213、4本塁打、16打点、1盗塁

○阪神 近本光司 外野手
141試合出場、打率.273、9本塁打、42打点、36盗塁

○中日 根尾昂 内野手
1試合出場、打率.000

○ヤクルト 清水昇 投手
11試合登板、0勝3敗、防御率7.27

 セ・リーグでは阪神の近本が主力としてチームを牽引。長嶋茂雄氏(巨人)が1958年に樹立した新人最多安打のリーグ記録を更新し盗塁王もほぼ確定。ヤクルト村上と共に新人王候補として名前が挙がっている。

 広島の小園は開幕1軍入りも出場無く2軍落ちとなったが6月に再昇格を果たすなど遊撃のレギュラーとしてシーズン後半を過ごした。巨人の高橋優、DeNAの上茶谷は先発ローテに定着しルーキーとしては上々の成績を残したと言ってもいい。中日の根尾は2軍で出場機会を得ただけに来季に期待、ヤクルトの清水も来季にプロ初勝利を狙う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」