野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人菅野、鷹・柳田、西武森は侍ジャパン入らずも…稲葉監督「当然、東京五輪の候補」

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は1日、都内で記者会見を行い、10月31日、11月1日に沖縄・セルラースタジアム那覇で開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsカナダ」と11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSC プレミア12」のメンバー28人を発表した。巨人の菅野智之投手、ソフトバンクの柳田悠岐外野手、西武の森友哉捕手はコンディションの問題もあって選出されなかったが、来年の東京五輪に向けて指揮官は「当然候補に入ってくる」と話した。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

コンディション不良で選ばれずも…「彼らは当然、実力がありますので」

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は1日、都内で記者会見を行い、10月31日、11月1日に沖縄・セルラースタジアム那覇で開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsカナダ」と11月2日(日本時間3日)に開幕する「第2回 WBSC プレミア12」のメンバー28人を発表した。巨人の菅野智之投手、ソフトバンクの柳田悠岐外野手、西武の森友哉捕手はコンディションの問題もあって選出されなかったが、来年の東京五輪に向けて指揮官は「当然候補に入ってくる」と話した。

「勝つだけではない」尊敬される存在に… 侍ジャパン強化本部長が選手に求める品格(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 稲葉監督は会見で、前回大会は3位に終わった「プレミア12」に向けて「とにかくこの試合は、勝つ。とにかく優勝する。そういうところをしっかり目指していきます。私自身もさらなる成長を続けていかなければならない。私も成長できるようしっかり準備して臨みます」と宣言。来年の東京五輪に向けて、「優勝」と「成長」を誓った。

 ただ、本来ならば主力として期待されながら、メンバーに入らなかった選手も。菅野と柳田は今季コンディション不良や故障に苦しみ、首位打者に輝いた森はシーズンを通して負担のかかる捕手としてフル稼働。今回のメンバーには入らなかった。

 それでも、稲葉監督はこの3人について聞かれると「彼らは当然、実力がありますので。東京オリンピックの候補には入ってくると思います」と断言。今回は選出されなかったが、重要なジャパン候補だと明かした。

 日本は10月31日、11月1日に沖縄・セルラースタジアム那覇でカナダと対戦。「プレミア12」の初戦は11月5日となっている。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」