野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元G戦士コトー氏が25年前を回顧 日本の応援に仰天「爆竹が鳴ったと…」

米スポーツ専門メディア「ザ・スコア」が、1994年に巨人でプレーしてチームの日本一に貢献したヘンリー・コトー氏を取材し、当時の思い出、日本の野球の印象などを聞いた。コトー氏は日本の応援スタイルに驚いたと、25年前を振り返っている。

MLBや巨人で活躍したヘンリー・コトー氏【写真:Getty Images】
MLBや巨人で活躍したヘンリー・コトー氏【写真:Getty Images】

1994年の巨人の日本一に貢献、王手をかけた日本シリーズ第6戦で決勝アーチ

 米スポーツ専門メディア「ザ・スコア」が、1994年に巨人でプレーしてチームの日本一に貢献したヘンリー・コトー氏を取材し、当時の思い出、日本の野球の印象などを聞いた。コトー氏は日本の応援スタイルに驚いたと、25年前を振り返っている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 コトー氏は外野手として1984年から10年間にわたってカブス、ヤンキース、マリナーズマーリンズでプレー。1994年にオリオールズに移籍したが出場機会を求められず、巨人と契約できるようにオリオールズを説得した。ブロンクス出身の元ヤンキースの選手は、オレンジ色をまとった日本のファンの前でプレーする魅力を感じたという。

 同年2月に巨人への移籍が決定。そして、その年の4月、コトーは地球の反対側で初めてセンターでプレーした。まず驚かされたのは日本の応援スタイルだった。初球から最後のアウトまでファンが太鼓を叩き、トランペットを吹き、声をそろえて応援するのが日本のプロ野球の応援方法。音について誰も彼に警告しなかったこともあり、度肝を抜かれたという。

「僕の後ろで爆竹が鳴ったのかと思ったよ」

 コトーは最初の数週間、打率が2割を下回るスロースタートだったが、徐々に調子を上げていった。巨人は彼のパワーと優れた守備を頼りにし、ダン・グラッデンと将来有望な20歳のスラッガー、ヒデキ・マツイの間で、ほぼ毎日中堅手として出場した。コトー氏はこの年、107試合に出場して打率・251、18本塁打、52打点をマークした。

 勝った方が優勝という10月8日の中日戦でも存在感を示した。2点リードの4回に18号ソロ。歴史的な「10・8」決戦で巨人を勝利に導いた。

「日本に行くチャンスがあるなら、そこでプレーするのは素晴らしい経験になるよ」

 長嶋巨人を初の日本一に導いた助っ人は、地球の裏側でプレーした25年前のシーズンを懐かしんだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」