野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークスドラ1甲斐野が初のCSに向け闘志 「デビューした時と同じ気持ちで」

ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・甲斐野央投手が、自身初となるCSを前に心境を語った。

ソフトバンク・甲斐野央【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐野央【写真:藤浦一都】

3日はシート打撃に登板「コーチの気遣いに応えたい」

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・甲斐野央投手が、自身初となるCSを前に心境を語った。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 甲斐野はルーキーながらチーム最多の65試合に登板。開幕戦で初登板初勝利すると、森唯斗の不在時には代理守護神を務めるなど、シーズンを通して1軍の大きな戦力となった。

「切り替えるのが難しいですね」と、初体験となるCSを前に少し戸惑いを見せながらも「開幕戦でデビューした時と同じ気持ちでやりたいです」と初心に戻って投げるつもりだ。

 レギュラーシーズンでの最後の登板は9月24日の楽天戦。登板間隔が空いていることについては「昨日(3日)シート打撃で投げさせてもらったので問題ないです。コーチの方が気を遣って投げさせていただいたので、それに応えたいですね」と気合十分。CSファイナルステージに進出するためにも、投げ慣れたホームで結果を出したい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」