野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

第1次期間では8人が…ドラフト1位でプロ入りも、戦力外通告を受けた選手たち

今年も戦力外通告の季節が来た。プロ野球選手の中には、鳴り物入りで入団しながら、戦力外という形で球団から去る選手も少なくない。第1次戦力外通告期間で球団から“非情通告”を受けた選手の中には、ドラフト1位で指名された選手もいる。

日本ハムから戦力外通告を受けた中村勝【写真:田口有史】
日本ハムから戦力外通告を受けた中村勝【写真:田口有史】

村中はヤクルトに14シーズン在籍して戦力外に、大石はドラフトで6球団が競合も

 今年も戦力外通告の季節が来た。プロ野球選手の中には、鳴り物入りで入団しながら、戦力外という形で球団から去る選手も少なくない。第1次戦力外通告期間で球団から“非情通告”を受けた選手の中には、ドラフト1位で指名された選手もいる。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

○広島:岩本貴裕(2008)
○ヤクルト:村中恭兵(2005)
○西武:大石達也(2010)
○楽天:森雄大(2012)
○ロッテ:大嶺祐太(2006年)、高浜卓也(2007、阪神)、伊志嶺翔大(2010)
○日本ハム:中村勝(2009)

 広島の岩本は亜細亜大から入団。レギュラーに定着することはできず、2013年の82試合出場が最高だった。通算405試合出場で打率.253、31本塁打、131打点も、今季は1試合の出場に留まり、戦力外となった。東海大甲府からヤクルト入りした村中は今季1軍登板はなく、イースタン・リーグで17試合に登板し、防御率4.64。2011年には球団初のクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ進出にも貢献したが、昨年も登板は3試合のみで防御率31.50。この2年間は苦しんだものの、14シーズンに渡ってヤクルトを支え、通算199試合登板で46勝55敗6ホールド、防御率4.30の成績を残した。

 2010年ドラフトで6球団から指名を受けて早大から西武に入団した大石は、度重なるケガに悩まされた。プロ通算132試合登板で、5勝6敗8セーブ17ホールド、防御率3.64。2016年には36試合登板で防御率1.71、2017年は20試合登板で防御率0.93をマークしたが、今季は2試合登板で防御率15.43に終わっていた。日本ハム・斎藤佑樹、楽天・福井優也と並び『早大三羽烏』と呼ばれ世代を牽引した右腕は、現役引退を決断した。

 楽天の森は東福岡高から楽天に入団し、3年目の2014年でデビューしたが、通算28試合登板、3勝6敗、防御率4.58で戦力外に。春日部共栄高から日本ハムに入団した中村は5年目の2014年に8勝を挙げるなど、通算60試合登板で15勝17敗、防御率4.07の成績をマーク。しかし、今季は1軍で1試合登板にとどまっていた。2017年には右肘の内側側副靭帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けるなど故障にも悩まされた。

 ロッテは、かつてのドラ1が3人戦力外に。八重山商工高出身の大嶺は2006年の高校生ドラフト1巡目でロッテに入団。通算119試合登板で28勝33敗1ホールド、防御率4.65の成績を残した。東海大から入団した伊志嶺は1年目こそ126試合で32盗塁を決めるなど活躍したが、2012年以降は故障などにも悩まされ、今季は1軍での出場はなかった。通算448試合出場、打率.242、6本塁打、59打点、59盗塁だった。高浜は2007年の高校生ドラフト1巡目で阪神に指名され、2011年にロッテに人的補償で移籍。1軍デビューを果たしたが、通算195試合出場、打率.222、3本塁打、28打点で戦力外となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」