野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ソフトバンク、楽天のCS1st“初体験”は誰? 森原、辰己、甲斐野、周東らにチャンス

5日より「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」が開幕する。1軍の登録人数は29人であることを考えると、単純計算でこの舞台に立つことができる選手は3チーム合わせて87人ということになる。そこで今回はこのクライマックスシリーズが自身初のポストシーズンの試合になることが予想される主な選手を取り上げたい。なお、今季新加入の外国人選手は除外している。

ソフトバンク・甲斐野央(左)、楽天・辰己涼介【写真:藤浦一都、荒川祐史】
ソフトバンク・甲斐野央(左)、楽天・辰己涼介【写真:藤浦一都、荒川祐史】

楽天は森原、ドラ1辰己、石橋らに出場のチャンスが

 5日より「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」が開幕する。1軍の登録人数は29人であることを考えると、単純計算でこの舞台に立つことができる選手は3チーム合わせて87人ということになる。そこで今回はこのクライマックスシリーズが自身初のポストシーズンの試合になることが予想される主な選手を取り上げたい。なお、今季新加入の外国人選手は除外している。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

【楽天】

 まずはシーズンを3位で終えた楽天。投手陣では森原に注目したい。ルーキーイヤーの2017年にもチームはクライマックスシリーズに進出したものの、自身は開幕から蓄積した疲労の影響もあって登板の機会を得ることができなかった。ただ、3年目の今季は序盤から好救援を積み重ね、シーズン終盤にはセットアッパーとしてフル回転。64試合に登板し、29ホールド、防御率1.97といずれもキャリアハイの成績を残した。

 ファーストステージの舞台となるヤフオクドームでは5試合に登板し、防御率5.40。シーズン通算で被本塁打はわずか3本だったが、そのうち1本は5月3日に同球場でグラシアルに被弾した逆転3ランである。自身初のプレーオフの舞台でリベンジを果たしたいところだ。

 4年目の石橋は大きな意味のあるクライマックスシリーズになりそうだ。2017年は1軍登板がなく、森原と同じく登板機会を得ることはできず。翌2018年は育成登録からのスタートに。同年7月に再び支配下選手として再契約となったものの、苦しいシーズンが続いたことに変わりはなかった。ただ、今季は開幕1軍を勝ち取り、5月からは先発としてチームに定着。力強い直球とカットボールを軸に安定したゲームメイクを見せ、チーム2位の8勝を挙げた。

 ソフトバンクに対しては4試合に登板し、防御率2.57の成績。先発陣にはエース・則本昂、勝ち頭の美馬、岸などの優れた先発投手が名を連ねるだけに、クライマックスシリーズでの先発マウンドが確約されているわけではない。どの場面でマウンドに上がるのか、石橋の伏兵としての活躍にも期待大だ。

 一方、野手陣では早くも大舞台を経験するルーキーが目立つ。ドラフト1位ルーキー・辰己は、代打や代走を含めた124試合に出場したものの、打率.229とプロの壁にはね返された。ただ、9月に限れば月間打率.298の好成績を残しており、9月3日と4日のソフトバンク戦では、2試合連続本塁打を放っている。ファーストステージ突破のカギを握る選手の1人になりそうだ。同じくルーキーでは太田と渡邊の出場も予想される。今季初めてプロの世界を経験したが、また一味違った試合になることは間違いない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」