野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • バーランダーが記録ずくめの圧巻投球 「PS14勝は歴代3位」「地区S史上最多の8勝」

バーランダーが記録ずくめの圧巻投球 「PS14勝は歴代3位」「地区S史上最多の8勝」

ア・リーグの地区シリーズが4日(日本時間5日)、各地で開幕。アストロズは本拠地で行われたレイズとの第1戦に6-2で快勝した。通算225勝を挙げているジャスティン・バーランダー投手が7回1安打無失点の好投。二塁を踏ませない投球で、7回は3者連続空振り三振と圧倒した。7回を100球(ストライク67球)、8奪三振3四球で1安打無失点。ポストシーズン通算14勝目(7敗)を挙げた。

7回1安打無失点と快投したアストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】
7回1安打無失点と快投したアストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】

レイズ相手に7回1安打8奪三振無失点、ア軍に初戦白星もたらす

■アストロズ 6-2 レイズ(地区シリーズ・日本時間5日・ヒューストン)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ア・リーグの地区シリーズが4日(日本時間5日)、各地で開幕。アストロズは本拠地で行われたレイズとの第1戦に6-2で快勝した。通算225勝を挙げているジャスティン・バーランダー投手が7回1安打無失点の好投。二塁を踏ませない投球で、7回は3者連続空振り三振と圧倒した。7回を100球(ストライク67球)、8奪三振3四球で1安打無失点。ポストシーズン通算14勝目(7敗)を挙げた。

 米メディアはバーランダーの好投を、称賛を込めて伝えた。「MLBスタッツ」はツイッターで「ジャスティン・バーランダーのレジュメは、より素晴らしいものとなった」とし、「トム・グラビンと並び、ポストシーズンでの勝利数が歴代3位となった(14勝)」と伝えた。

「FOXスポーツ」はツイッターで「ドミネーション(支配、独占)」と表現。「地区シリーズで史上最多の勝利数を記録した(8勝)」とした。

 また、「MLB.com」のアンドリュー・サイモン記者はツイッターで「ジャスティン・バーランダーは、ポストシーズン史上、7回以上投げて1安打以下に抑えた13度目のスターターとなった」とした。近年では2004年のウッディ・ウィリアムズ(カージナルス)とブランドン・バッキー(アストロズ)が同じ試合で、2012年のブロンソン・アローヨ(レッズ)、ノーヒットノーランを達成した2010年のロイ・ハラデイ(フィリーズ)がいると伝えた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」