野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

パCSは“波乱”の幕開け 鷹千賀と楽天則本昂が初回に被弾、浅村先制弾も今宮同点ソロ

「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージが5日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで開幕し、楽天が初回に浅村のソロ本塁打で先制。しかし、ソフトバンクも直後に今宮のソロ弾で同点に追いついた。

先制本塁打を放った楽天・浅村栄斗【写真:福谷佑介】
先制本塁打を放った楽天・浅村栄斗【写真:福谷佑介】

楽天が浅村のソロで先制も…直後の攻撃で今宮が同点弾

■ソフトバンク – 楽天(CS・5日・ヤフオクドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージが5日、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームで開幕し、楽天が初回に浅村のソロ本塁打で先制。しかし、ソフトバンクも直後に今宮のソロ弾で同点に追いついた。

 ソフトバンクの先発はエース千賀。島内は156キロの直球で遊飛、茂木は155キロの直球で左飛に打ち取られた。しかし、3番の浅村は1ボール2ストライクと追い込まれてから、137キロのフォークを捉え、右中間のホームランテラスに運んだ。

 3位の楽天が初回にソフトバンクに先制パンチ。ところが、ソフトバンクもすぐに反撃。その裏、1死から2番・今宮が則本昂のスライダーを右翼のホームランテラスに叩き込み、すぐに同点。千賀と則本昂が初回から被弾する波乱の幕開けとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」