野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・則本昂、6回3失点で初戦先発の役割果たす「粘ることができました」

楽天の則本昂大投手が、苦しみながらも役割を果たした。5日、敵地ヤフオクドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ初戦のソフトバンク戦に先発。6回を投げて、5安打3失点でマウンドを降りた。

ソフトバンク戦に先発した楽天・則本昂大【写真:福谷佑介】
ソフトバンク戦に先発した楽天・則本昂大【写真:福谷佑介】

楽天は7回を終えて1点をリードしている

■ソフトバンク – 楽天(CS・5日・ヤフオクドーム)

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

 楽天の則本昂大投手が、苦しみながらも役割を果たした。5日、敵地ヤフオクドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ初戦のソフトバンク戦に先発。6回を投げて、5安打3失点でマウンドを降りた。

 初回、浅村のソロで先制点をもらった則本昂だったが、その直後に今宮に同点弾を浴びて追いつかれた。2回には内川に2ランを浴びて勝ち越しを許した。それでも3回以降は150キロを超える真っ直ぐを軸にソフトバンク打線をねじ伏せて6回までに9個の三振を奪った。

 味方打線が3回にオコエ、5回に浅村のソロで追いつくと、7回には茂木のソロで勝ち越しに成功。則本昂は6回で降板となり、勝利投手の権利を掴んだ。降板後、右腕は「序盤に失点してしまいましたが、そこから切り替えて、3回以降粘ることができました。足立さんがうまくリードしてくれたお陰です。あとはチームが勝つように応援したいと思います」とコメントした。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」