野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA石田、期待に応える4回3安打1失点 5回から2番手で今永が登板の“必勝リレー”

DeNAの石田健大投手が5日、「クライマックスシリーズ セ」1stステージの第1戦に先発し4回3安打4奪三振1失点で降板。5回から2番手で今永が上がった。

DeNA・石田健大【写真:荒川祐史】
DeNA・石田健大【写真:荒川祐史】

同じ場面で2度コーチがマウンドへ、投手交代は認められず

■DeNA – 阪神(CS・5日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAの石田健大投手が5日、「クライマックスシリーズ セ」1stステージの第1戦に先発し4回3安打4奪三振1失点で降板。5回から2番手で今永が上がった。

 エース今永をブルペンに回し、初戦を石田に託すというラミレス監督の異例の采配。前日4日にラミレス監督は「3回しか投げてくれないというのは期待してないですし、8イニングとも思っていない。できれば5回以上投げてくれれば」と語っていた。

 3回までは2安打4奪三振と阪神打線を抑えていた石田だが、4回に崩れた。先頭の大山が左中間を破る二塁打で出塁すると、糸原の右飛で一死三塁に。

 ここで三浦コーチがマウンドに声をかけに行くも、その後再びラミレス監督が投手交代を告げにマウンドへ。しかし、同じ場面で2度マウンドに行っての投手交代はルール違反。1人投げないと交代は認められないとして石田が続投。直後の梅野の犠飛で1点を奪われた。

 打線は初回から筒香の先制3ランで先制。相手先発の西は投手強襲打が左足に直撃し、1回途中12球で負傷交代。5回から2番手として今永がマウンドに上がる“必勝リレー”に入った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」