野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ツインズがメジャー史上ワーストタイのPS14連敗 11敗がヤンキース相手

ツインズがメジャー史上ワーストタイのPS14連敗 11敗がヤンキース相手

ア・リーグの地区シリーズは4日(日本時間5日)、各地で開幕。ヤンキースは本拠地で行われたツインズとの地区シリーズ第1戦で10-4で先勝した。敗れたツインズはこれでポストシーズン14連敗となりメジャー史上ワーストタイ記録となった。米メディアが伝えている。

ツインズが地区シリーズ第1戦に敗れPS14連敗に【写真:Getty Images】
ツインズが地区シリーズ第1戦に敗れPS14連敗に【写真:Getty Images】

2004年からポストシーズンで14連敗、メジャー史上ワーストタイ記録に…

■ヤンキース 10-4 ツインズ(地区シリーズ・日本時間5日・ニューヨーク)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ア・リーグの地区シリーズは4日(日本時間5日)、各地で開幕。ヤンキースは本拠地で行われたツインズとの地区シリーズ第1戦で10-4で先勝した。敗れたツインズはこれでポストシーズン14連敗となりメジャー史上ワーストタイ記録となった。米メディアが伝えている。

 両軍“300発打線”の重量打線対決はヤンキースが打ち合いを制した。同点の5回1死満塁でトーレスの2点二塁打で勝ち越し、6回にはルメイヒュー、ガードナーの一発が飛び出すなど8安打10得点で大勝した。

 ESPN公式のデータ専門ツイッター「ESPNスタッツ&インフォ」はツインズの敗戦に注目し「ツインズは、ポストシーズン14連敗中。これはメジャーリーグ史上、最多の記録。14敗の内、11敗はヤンキースが相手だった」と、メジャー史上ワーストのポストシーズン14連敗を伝えた。

 さらに米スポーツ専門メディア「ESPN」も「ツインズの苦悩。彼らのポストシーズン14連敗を解説する」とのタイトルで特集。記事ではツインズが15年に渡りポストシーズン14連敗を喫していることを言及し「メジャーリーグ史上、最多となり1986~1995年にかけての、レッドソックスの記録に並んだ」と伝えている。

 以下がツインズのポストシーズン14連敗

2019年 ア・リーグ地区シリーズ
第1戦 (10月4日、ニューヨーク) ヤンキース 10-4 ツインズ

2017年 ワイルドカードゲーム
10月3日、ニューヨーク ヤンキース 8-4 ツインズ

2010年 ア・リーグ地区シリーズ
第3戦(10月9日、ニューヨーク) ヤンキース 6-1 ツインズ
第2戦(10月7日、ミネソタ) ヤンキース 5-2 ツインズ
第1戦(10月6日、ミネソタ) ヤンキース 6-4 ツインズ

2009年 ア・リーグ地区シリーズ
第3戦(10月11日、ミネソタ) ヤンキース 4-1 ツインズ
第2戦(10月9日、ニューヨーク) ヤンキース 4-3 ツインズ(延長11回)
第1戦(10月7日、ニューヨーク) ヤンキース 7-2 ツインズ

2006年 ア・リーグ地区シリーズ
第3戦(10月6日、オークランド) アスレチックス 8-3 ツインズ
第2戦(10月4日、ミネソタ) アスレチックス 5-2 ツインズ
第1戦(10月3日 ミネソタ) アスレチックス 3-2 ツインズ

2004年 ア・リーグ地区シリーズ
第4戦(10月9日、ミネソタ) ヤンキース 6-5 ツインズ(延長11回)
第3戦(10月8日、ミネソタ) ヤンキース 8-4 ツインズ
第2戦(10月6日、ニューヨーク) ヤンキース 7-6 ツインズ(延長12回)

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」