野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CS初戦からバント処理で“甲斐キャノン”炸裂 今宮との強肩コンビで併殺完成

ソフトバンクと楽天が対戦する「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージが5日にヤフオクドームで開幕。第1戦から“甲斐キャノン”が炸裂した。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】

楽天とのCS1st初戦、巧みなステップから二塁に矢のような送球

■ソフトバンク – 楽天(CS・5日・ヤフオクドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ソフトバンクと楽天が対戦する「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージが5日にヤフオクドームで開幕。第1戦から“甲斐キャノン”が炸裂した。

 3-3の同点で迎えた6回。無死一塁の場面で楽天・渡辺佳がバントを試みるも、打球は目の前で高くバウンド。すると、甲斐は落下してきたボールを捕球し、巧みなステップを踏みながら二塁に矢のような送球。一塁走者の銀次を刺した。

 さらに、今宮も一塁に“剛速球”を送り、渡辺佳も一塁でアウト。強肩の2人で併殺を完成させた。昨年の日本シリーズでは、広島を相手に6連続盗塁阻止を記録してシリーズMVPに輝いた甲斐。短期決戦でまたも“キャノン”が輝きを見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」