野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督、千賀がまさかの4被弾で崖っぷち 「終わったわけではない」

ソフトバンクは5日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ初戦で楽天に3-5で敗れ、崖っぷちに立たされた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

千賀が背信の4被弾「低めの制球が上手くいってなかった」

■楽天 5-3 ソフトバンク(CS・5日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクは5日、「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ初戦で楽天に3-5で敗れ、崖っぷちに立たされた。

 初回に浅村のソロで先制を許したがその裏に今宮のソロ、2回には内川の2ランですぐに勝ち越しに成功した。しかし、先発の千賀は球を操り切れず、3回、5回、7回と3発のソロ弾を浴びて逆転を許した。一度も3者凡退のイニングを作ることなく4被弾で4失点、7回125球で降板となった。

 打線も2発の本塁打以外はなかなか得点のチャンスを作れず、3回、8回の好機にはいずれもデスパイネが凡退した。

 工藤公康監督は千賀について「ボールが高かった。低めの制球が上手くいってなかったですね。1年間頑張ってきてここまで来れてというところなので、僕自身はあいつを信じて行かせました」と語った。

 一度は逆転したがその後のチャンスであと一本が出なかった打線に「確かにあと1本というところですが、それが出れば常にいい展開になっているので」と淡々。3回は先頭の明石がヒットで出塁した後、今宮には犠打ではなく打たせるなど積極采配を見せ「今宮君は(則本に)一番合っていると見ていたので、送るよりは打たせて(チャンスを)広げてということを考えていました」と説明した。

 初戦を取った方が有利とされる3試合制の超短期決戦。それでも工藤監督は「終わったわけではないので。相手も勝ちことに必死になるでしょうし、ウチは明日まず取ってということですから、みんなで集中してやっていきます」と懸命に前を向いた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」