野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、6点差ひっくり返す大逆転でCSファイナル王手! DeNAは本拠地で痛恨黒星

阪神は5日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージを8-7で快勝した。一時は6点差まで開く一方的な試合となっていたが、終盤に脅威の追い上げを見せ8回に北條の2点タイムリーで逆転に成功。下剋上に向け、まず1勝を奪った。

阪神・北條史也【写真:荒川祐史】
阪神・北條史也【写真:荒川祐史】

北條が5打点の大活躍、DeNAは中継ぎ陣が誤算

■阪神 8-7 DeNA(CS・5日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神は5日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージを8-7で快勝した。一時は6点差まで開く一方的な試合となっていたが、終盤に脅威の追い上げを見せ8回に北條の2点タイムリーで逆転に成功。下剋上に向け、まず1勝を奪った。

 6点を追う7回。代打・木浪のタイムリー、北條が左翼席へ3ランで一気4点で流れを奪い返した。そして8回2死二塁のチャンスでは木浪が右前適時打を放つと、なおも2死二、三塁から北條が中越えの2点適時三塁打で逆転。北條はこの日、5打点の大活躍となった。

 前回CSに進出した2017年も、1stステージでDeNAに当たった。先勝した阪神だったが、その後2連敗。公式戦から7連勝の勢いそのままに、今回こそファイナルステージに駒を進めたい。

 DeNAは初回、「3番・左翼」で出場した筒香が1ストライク2ボールから右中間スタンドに飛び込む先制の3ラン。さらに5回1死から、神里、ソトが連打で好機を作ると筒香の右前適時打などで一挙4点を奪い主導権を握ったかに思えたがリリーフ陣が誤算だった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」