野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神が6点差をひっくり返す大逆転勝利、楽天はソロ4発で快勝… 5日のセ・パCSは?

日本シリーズ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージをかけ5日からセ・パのCS1stが始まった。セ・リーグ3位の阪神、パ・リーグ3位の楽天が共に重要な初戦を制した。

DeNA・ラミレス監督、阪神・矢野監督、楽天・平石監督、ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督、阪神・矢野監督、楽天・平石監督、ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

阪神は8回に北條の2点タイムリー三塁打で逆転に成功

 日本シリーズ、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージをかけ5日からセ・パのCS1stが始まった。セ・リーグ3位の阪神、パ・リーグ3位の楽天が共に重要な初戦を制した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 楽天戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神はDeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ初戦を8-7で勝利。一時は6点差まで開く一方的な試合となっていたが、終盤に脅威の追い上げを見せ8回に北條の2点タイムリーで逆転に成功。下剋上に向け、まず1勝を奪った。

 阪神は敗戦濃厚だった6点を追う7回。代打・木浪のタイムリー、北條の3ランで4点を奪い2点差に詰め寄る。さらに8回2死二塁のチャンスで木浪が右前適時打、なおも2死二、三塁が北條が中越え2点適時打三塁打で逆転に成功した。

 DeNAは7回から登板したバリオス、エスコバー、国吉とリリーフ陣が誤算でまさかの逆転負けを喫した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」