野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天、また追いついた! 浅村が“曲芸打ち”同点打で1本塁打3打点の大暴れ

楽天の浅村栄斗内野手が、一振りで試合を振り出しに戻した。6日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。逆転を許して迎えた4回、1死満塁で同点の2点適時打を放った。

同点の2点適時打を放った楽天・浅村栄斗【写真:荒川祐史】
同点の2点適時打を放った楽天・浅村栄斗【写真:荒川祐史】

この2試合で浅村は打率.714、3本塁打6打点と大暴れ

■ソフトバンク – 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天の浅村栄斗内野手が、一振りで試合を振り出しに戻した。6日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。逆転を許して迎えた4回、1死満塁で同点の2点適時打を放った。

 3回に先発の美馬が柳田の適時打、デスパイネの2ランで逆転を許した直後の4回の攻撃だった。1死から辰己が内野安打で出塁すると、島内、茂木が連続四球を選んで満塁のピンチで前の打席でステージ3本目のソロを放っていた浅村が打席に立った。

 2ボール2ストライクで迎えた5球目。ソフトバンク先発のバンデンハークが投じた低めのカーブに浅村が食らいついた。左手1本でワンバウンドしようかというボール球を拾うと、打球は二塁手の頭上を越えて、右前に弾んだ。2人の走者が一気に生還。同点に追いつき試合を振り出しに戻した。

 浅村は前日の第1戦では2本の本塁打を放っており、この1stステージは、これで打率.714、3本塁打6打点と大暴れ。4回で両チーム4点ずつを取り合い、第2戦も序盤から点を取り合う熱戦となっている。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」