野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天が第2戦も先制に成功! ブラッシュの三ゴロの間に島内が生還

楽天が2試合連続で先制点を奪い取った。6日、本拠地ヤフオクドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージのソフトバンク戦。初戦に勝利してファイナルステージ進出に王手をかけた楽天が初回に1点を先制した。

先制の内野ゴロを打った楽天のジャバリ・ブラッシュ【写真:荒川祐史】
先制の内野ゴロを打った楽天のジャバリ・ブラッシュ【写真:荒川祐史】

楽天は島内の内野安打、茂木の四球でチャンスを作る

■ソフトバンク – 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 楽天が2試合連続で先制点を奪い取った。6日、本拠地ヤフオクドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージのソフトバンク戦。初戦に勝利してファイナルステージ進出に王手をかけた楽天が初回に1点を先制した。

 先頭の島内が2ストライクと追い込まれながらも、二塁への内野安打で出塁すると、続く茂木が四球を選んで無死一、二塁にチャンスが広がった。浅村の遊ゴロ併殺崩れで1死一、三塁とすると、ブラッシュの打球は三塁へボテボテの内野ゴロとなった。

 この日は松田宣が今季初めてスタメンから外れ、打球は三塁に入ったグラシアルの元へと転がった。本塁へ突っ込んだ島内の生還は阻止できず、一塁へ送球する間に島内が先制の本塁を踏んだ。前日の第1戦に続き、先制したのは楽天だった。ソフトバンクはシーズン終盤から先制された試合は12連敗中。苦しい立ち上がりとなった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」