野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・柳田が同点弾! 先制許すも、90打席ぶり一発ですぐさま追いつく

ソフトバンクがすぐさま同点に追いついた。6日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天との「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。初回に先制されたソフトバンクだが、直後に柳田悠岐外野手が同点のソロ本塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

同点ソロを放ったソフトバンクの柳田悠岐【写真:荒川祐史】
同点ソロを放ったソフトバンクの柳田悠岐【写真:荒川祐史】

楽天先発の美馬のカーブをすくい上げると、右中間テラス席へ

■ソフトバンク – 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクがすぐさま同点に追いついた。6日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天との「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。初回に先制されたソフトバンクだが、直後に柳田悠岐外野手が同点のソロ本塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 2試合連続で先制点を奪われ、本拠地に漂った嫌な雰囲気を主砲の一振りが振り払った。2死から打席に入った柳田。楽天先発の美馬が投じた1ボールからの2球目を捉えた。緩い124キロのカーブをすくい上げると、打球は本拠地の大歓声に乗って右中間のホームランテラス席へと飛び込んだ。

 値千金の同点弾。柳田の本塁打は9月1日の西武戦(メットライフD)以来、実に90打席ぶり。主砲・柳田の待望の一発にスタンドは大歓声に包まれていた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」