野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

王手の阪神が5回に2点返し1点差! 前日5打点の北條が適時打、福留はCS初安打

阪神の北條史也内野手が6日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)第2戦(横浜)で5回に反撃の狼煙を上げるタイムリーを放った。福留も続き、この回2点を奪って1点差に迫った。

阪神・北條史也【写真:荒川祐史】
阪神・北條史也【写真:荒川祐史】

前日は6点差を逆転して王手、立役者の北條がまた快音

■DeNA – 阪神(CS・6日・横浜)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神の北條史也内野手が6日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)第2戦(横浜)で5回に反撃の狼煙を上げるタイムリーを放った。福留も続き、この回2点を奪って1点差に迫った。

 阪神先発の青柳は初回にロペスに2ランを浴びると、3回には筒香に2戦連発となるソロを被弾。3点ビハインドとされた。

 しかし、前日に6点差を逆転した阪神は5回に反撃。抑えられていたDeNA先発・浜口から青柳の代打・上本が中前打で出塁。2死一塁となってから、北條が三塁線を破る適時二塁打を放った。前日には3ランを含む5打点と大暴れしたが、この日も快音を響かせた。

 さらに、続く福留も右前適時打。頼れるベテランはこれが今季のCS初安打。阪神は1点差に迫った。DeNAはここで三嶋にスイッチ。マルテは左前打で続いたものの、大山は中飛で3アウト。しかし、2試合連続の逆転へ向けて阪神が1点差とした。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」