野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス福田が4回に勝ち越し弾 勝負強い30歳が大仕事「今年一番の手応え」

ソフトバンクと楽天による「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージは6日、第2戦が行われ、ソフトバンクが6-4で勝ち、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

ヒーローインタビューで笑顔を見せるソフトバンク・福田秀平【写真:荒川祐史】
ヒーローインタビューで笑顔を見せるソフトバンク・福田秀平【写真:荒川祐史】

第1戦は出場機会なし、「6番・右翼」での起用に応える一振り

■ソフトバンク 6-4 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクと楽天による「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージは6日、第2戦が行われ、ソフトバンクが6-4で勝ち、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

 殊勲の一打を放ったのは「6番・右翼」で先発出場した福田だった。4-4で迎えた4回、先頭で入った第2打席でカウント1-2から楽天の先発・美馬の変化球をとらえて右翼席中段に勝ち越しの1号ソロを放った。

「素直にうれしい。先頭打者だったので、とにかく出塁しようという気持ちでした。手ごたえは今年一番」とお立ち台で笑みを浮かべた。

 入団13年目の生え抜きの30歳は今季80試合に出場。打率.259、8本塁打、26打点と存在感をを発揮していた。5日の第1戦は出番なし。先発に抜擢された試合でしっかり仕事を果たし、チームに勝利をもたらした。

「負けたら終わりの試合。何とかしたいという思いで試合に臨んだ。泣くのは嫌。笑って(1stステージを)終えられるように、明日も頑張りたい」。7日の第3戦に向け、早くも闘志をみなぎらせた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」