野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、ファイナル進出へ逆王手! 福田V弾、柳田3安打2打点&デスパ3安打3打点

ソフトバンクがファイナルステージ進出に逆王手をかけた。6日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天との「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。中盤まで点の取り合いとなったシーソーゲームを制して1勝1敗とし、ファーストステージ突破に望みを繋いだ。

3回に同点の適時二塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】
3回に同点の適時二塁打を放ったソフトバンク・柳田悠岐【写真:荒川祐史】

楽天はソフトバンクを得意としていた美馬が5失点KO

■ソフトバンク 6-4 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクがファイナルステージ進出に逆王手をかけた。6日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天との「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。中盤まで点の取り合いとなったシーソーゲームを制して1勝1敗とし、ファーストステージ突破に望みを繋いだ。

 崖っぷちに立たされていた鷹が意地を見せた。初回、いきなり先制されるも、その直後に柳田が約1か月ぶりの本塁打となるソロ本塁打を放って同点。3回に再び1点をリードされたが、その裏に柳田の適時二塁打、デスパイネの2ランで試合をひっくり返した。

 4回に先発のバンデンハークが浅村に2点適時打を浴びて再び同点とされたが、またしてもその裏、今度はこの日スタメンに起用された福田が右翼スタンド上段まで飛ばす特大のソロを放って勝ち越しに成功。5回には柳田の内野安打、デスパイネの適時打で1点を追加してリードを広げた。柳田は3安打2打点、デスパイネは3安打3打点と中軸が活躍した。

 先発のバンデンハークは4回途中6安打5四球で4点を失って降板。後を受けた嘉弥真が4回のピンチを凌ぐと、5回から登板した石川が2イニングをノーヒットに封じる好救援を見せた。7回を甲斐野、8回をモイネロで封じると、最後は守護神の森が締めてリードを守った。

 楽天は先発の美馬が誤算。今季は対ソフトバンク7試合で3勝1敗、防御率1.97と得意としていたが、この日は4回5安打5失点でノックアウト。点を取ってもらった直後に失点を重ね、チームに流れを引き寄せられなかった。打線も浅村が2試合連発を含む2安打3打点と気を吐いたが、勝利には繋がらなかった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」