野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA浜口が5回途中2失点で降板 再び北條に打たれ、1点差…負ければ敗退

DeNAの浜口遥大投手は6日、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)に先発し、5回途中で降板した。4回までは1安打ピッチングと快投を続けていたが、5回につかまった。

DeNA・浜口遥大【写真:福谷佑介】
DeNA・浜口遥大【写真:福谷佑介】

浜口は4回2/3を投げ8奪三振3四球3失点

■DeNA – 阪神(CS・6日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAの浜口遥大投手は6日、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)に先発し、5回途中で降板した。4回までは1安打ピッチングと快投を続けていたが、5回につかまった。

 5回1死から、代打・上本が中前打で出ると、第1戦でも5打点の活躍だった北條が左翼線への適時打で1点、さらにここまで抑えていた福留にも右前適時打で2点を奪われ、降板となった。

 浜口は8月31日に股関節の違和感により抹消され、紅白戦など練習を除けばこれが復帰登板。今季阪神相手に5試合を投げ防御率3.29 はチームの中でも上位の数字で、さらに2017年の日本シリーズで大舞台を経験したことも買われての起用だった。

 登板前日には「もちろん僕自身、(CSで)投げるつもりでやってきた。6連勝をして上がってきているので、チームとして勢いがあると思う。先頭の近本を出さずにやれるかどうか」と語っていた浜口だったが、その近本には初回に右中間を破る二塁打を打たれた。しかし、その後は安定した投球で三振を積み上げていったのだが……。

 2番手には三嶋が上がり、マルテには安打を許したものの後続を断った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」