野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが再び勝ち越し! 神里がCS6安打目、ラミレス監督もガッツポーズ

DeNAの神里和毅外野手が6回、勝ち越しの左前適時打を放ち、流れをチームに呼び戻した。阪神とのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)、6回表には同点とされていたが、すぐさま取り返した。

DeNA・神里和毅【写真:荒川祐史】
DeNA・神里和毅【写真:荒川祐史】

前日は4安打、この日2安打目で初打点

■DeNA – 阪神(CS・6日・横浜)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAの神里和毅外野手が6回、勝ち越しの左前適時打を放ち、流れをチームに呼び戻した。阪神とのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)、6回表には同点とされていたが、すぐさま取り返した。

 この回から上がったガルシアが1死から大和に四球を出すと、2死から“CS男”神里が打席に入り、左前打。大和はホームに滑り込み、ラミレス監督もベンチでガッツポーズだ。

 神里は第1戦でも5打数4安打。この日も2安打と打ちまくり。この日の試合前には「特に意識はしていないけれど、調子がいい時のバッティングができている」と話していた。負ければ敗退の一戦で貴重な1点となった。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」