野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹工藤監督の選手起用が的中して逆王手 指揮官「明日は明日のベストを探す」

ソフトバンクと楽天による「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージは6日、ヤフオクドームで第2戦が行われ、ソフトバンクが6-4で勝って1勝1敗のタイにした。序盤から点を奪い合う展開となったが、福田秀平外野手が4回に放った特大弾で勝ち越し、救援陣がリードを守り切った。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

第1戦出場機会なかった福田が決勝弾、松田宣を外してグラシアルを三塁で起用

■ソフトバンク 6-4 楽天(CS・6日・ヤフオクドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクと楽天による「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージは6日、ヤフオクドームで第2戦が行われ、ソフトバンクが6-4で勝って1勝1敗のタイにした。序盤から点を奪い合う展開となったが、福田秀平外野手が4回に放った特大弾で勝ち越し、救援陣がリードを守り切った。

 決勝点は4-4で迎えた4回に飛び出した福田の豪快な一発だった。楽天の先発・美馬から右翼席中段に運んだ。工藤公康監督は「本当にね。ずっと試合に出ているわけではないのによく打ってくれました」と称賛。さらに「美馬君は左打者の方が打っているし、福田君の調子がいいということもあって使いました。負けたら終わりなので悔いのないようにやりたかった」と力を込めた。

 福田の起用に伴って、松田宣浩をスタメンから外してグラシアルを三塁に回した。指揮官は松田宣について「(シーズンでは)美馬君にも合っていなかったし、昨日(第1戦)も合っていなかったので、試合前に本人とも話をして」と説明。「内心は悔しい思いはあったと思いますが『分かりました』と言ってくれて、ベンチでも声を出してチームに貢献してくれました」とした。

 2人で2発5打点と爆発した柳田悠岐とデスパイネには「ここというところで打ってくれた。頼もしい2人です。打席での集中力、勝つんだという思いがあったから2死からでも得点ができたと思います」と目を細めた。そして、試合を締めた救援陣を「よく頑張ってくれました」と称えた。

 思い切った起用で、西武と対戦するCSファイナルステージ進出に逆王手をかけた。「明日は明日のベストを探します」。決戦に向けてコーチ陣と布陣を考え抜くつもりだ。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」