野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 阪神、敗れて1勝1敗も… 福留の9回同点弾を元捕手が称賛「完全に誘った直球。見事」

阪神、敗れて1勝1敗も… 福留の9回同点弾を元捕手が称賛「完全に誘った直球。見事」

阪神は6日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第2戦(横浜)でサヨナラ負け。9回に岩崎優投手が代打・乙坂智外野手に2ランを浴び、4-6で敗れて1勝1敗のタイとされた。だが、1点を追う9回には福留孝介外野手がDeNA守護神の山崎康晃投手から一時同点となる起死回生のソロ本塁打。勝負の第3戦につながる一発となった。

「一発だけは打たれてはいけない場面でインコースに真っ直ぐを投げてはダメ」

「まずはセオリーとして、ホームランを打てるバッターのインコースに真っ直ぐで行くということが間違いですよね。なぜ選択したのか。初球の空振りと2球目の見逃し方にバッテリーは完全に騙されていました。福留は初球は全然合わない空振りをした。クイックで投げられたのもありましたが、全然タイミングの合わないツーシームを空振りしました。2球目は外角ボールゾーンで、ドンピシャリのタイミングでツーシームを見逃しました。となると、バッテリーはインコースとは限らなくても真っ直ぐを投げたくなるものです。それを投げさせるように福留が(2球で)仕向けた。逆に、バッテリーがそこでインコースを選択したのがいけません」

【動画】「これぞ福留」! 「完全に誘った真っ直ぐ」を…9回に一時同点の起死回生弾、横浜スタジアムが沈黙した完璧なホームランの一部始終

 実際に、捕手出身の野口氏は2球を見た時点で福留が誘いに来ていると感じたという。

「今日の山崎のピッチングを見ていると、かなりデータ的なものが出ていました。山崎は左打者のときに2ストライク目にツーシームで空振りでカウントを稼ぐことが非常に多い。福留のときには初球にツーシームで空振りを取って、2球目もそういう意図だったのかは分かりませんが、ツーシームで誘ってきました。ただ、福留はそれに乗らなかった。福留が逆にそういう(直球)狙いをして、バッテリーが誘いに乗ってきた。あれだけ百戦錬磨の、あれだけホームランを打ってきたバッターに対して、一発だけは打たれてはいけない場面でインコースに真っ直ぐを投げてはダメです。あの場面で何を避けなければいけないかといったら、ホームランですから。福留は『はい、待ってました』という感じでしたよね」

 結果的に、福留の一発は勝利につながらなかった。ただ、野口氏は「無抵抗で負けたのではない。悲観することはない。選手みんなが与えられた持ち場をしっかりこなしている」と阪神の戦いぶりを評価する。この福留の一発が、全てが決まる第3戦にどう効いてくるだろうか。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」