野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武平良が順調調整、CS1stをテレビ観戦で緊張感を確認「気の抜けない試合だと…」

西武の平良海馬投手が6日にメットライフドームで行われた全体練習でのシート打撃に登板し、打者5人を完璧に抑える快投で、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージへ順調な調整ぶりを披露した。

西武・平良海馬【画像:パーソル パ・リーグTV】
西武・平良海馬【画像:パーソル パ・リーグTV】

高卒2年目ながら26試合登板で連覇貢献「試合勘を忘れないように」

 西武の平良海馬投手が6日にメットライフドームで行われた全体練習でのシート打撃に登板し、打者5人を完璧に抑える快投で、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージへ順調な調整ぶりを披露した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 平良は最速156キロの直球を武器に高卒2年目ながら夏場から勝ちパターンの一角を担い、26試合に登板。チームのリーグ2連覇に貢献したが、CSは初出場だ。5日に楽天が一発攻勢でソフトバンクに勝利した第1戦をテレビでチェックしたという平良は「1戦も落とせないし、気の抜けない試合だと思って見ていました。自分は一発で流れが変える打者と対戦する場面も多い」と緊張感を口にした。

 この日は源田、森、中村、外崎、栗山と対戦し、走者を一人も許さない投球を披露した平良。「試合勘を忘れないように、特に一発がある右バッターをイメージしながらブルペンでも投げ込んできた」と順調な仕上がりで首脳陣にアピール。目前に迫った大舞台のマウンドを見据えていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」