野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

400勝、365完投、4490奪三振…金田正一氏のアンタッチャブルな記録の数々

10月6日に逝去した金田正一氏は、400勝という前人未到の記録を残した。これは王貞治氏の868本塁打、張本勲氏の3085安打などとともに、今後破るものが出てきそうにない記録だ。しかし、それ以外にも金田正一氏はアンタッチャブルな記録をたくさん残している。400勝も含め、これらを振り返ろう。

10月6日に逝去した金田正一氏【写真:細野能功】
10月6日に逝去した金田正一氏【写真:細野能功】

今後破られることがない記録が多数、通算投球回は5526回2/3

 10月6日に逝去した金田正一氏は、400勝という前人未到の記録を残した。これは王貞治氏の868本塁打、張本勲氏の3085安打などとともに、今後破るものが出てきそうにない記録だ。しかし、それ以外にも金田正一氏はアンタッチャブルな記録をたくさん残している。400勝も含め、これらを振り返ろう。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○通算勝利数 400勝 史上1位

 2位の米田哲也氏が350勝。平成以降では、NPB通算200勝投手は214勝の山本昌氏だけ。現役では、ヤクルトの石川雅規投手の171勝。金田氏の半分の200勝に到達する選手さえ当面出てきそうにない。まさに空前絶後の記録だ。

○通算敗北数 298敗 史上1位

 金田氏が1950年から1964年まで在籍した国鉄スワローズはこの間、一度も優勝していない。そんな弱小球団だけに、敗北数も多かった。敗北数2位も米田哲也氏の285。現役ではヤクルトの石川の163敗であり、この記録もアンタッチャブルになっている。

○通算完投数 365 史上1位

 2位はスタルヒン氏の350。現役では松坂大輔投手の72が1位。投手の分業が進み、先発完投が激減している中、この記録も今後、更新する投手は出てこないだろう。

○通算投球回 5526回2/3 史上1位

 入団1年目から164回2/3を投げ、翌年から14年連続で300イニング以上を投げた。現役ではヤクルトの石川の2794回2/3。今季NPBの最多投球回数は、中日・大野雄二投手の177回2/3であり、この記録もアンタッチャブルだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」