野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CSパ第3戦、鷹がすぐさま同点に! “CS男”内川が同点打、デスパイネが二塁から激走

ソフトバンクがすぐさま試合を振り出しに戻した。7日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天との「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ第3戦。4回に先制されたソフトバンクだったが、その裏、内川が右前への適時打を放ち、すぐさま試合を振り出しに戻した。

同点タイムリーを放ったソフトバンク・内川聖一【写真:荒川祐史】
同点タイムリーを放ったソフトバンク・内川聖一【写真:荒川祐史】

先発の高橋礼が先制を許した直後に、すぐさま同点に追いつく

■ソフトバンク – 楽天(CS・7日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクがすぐさま試合を振り出しに戻した。7日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天との「パーソル クライマックスシリーズ パ」1stステージ第3戦。4回に先制されたソフトバンクだったが、その裏、内川が右前への適時打を放ち、すぐさま試合を振り出しに戻した。

 本拠地のファンが一気に盛り上がった。4回。先発の高橋礼が浅村にソロ本塁打を浴びて先制を許した直後の攻撃だった。2死からデスパイネ、グラシアルの連打で2死一、二塁とすると、短期決戦にめっぽう強い内川が右前へ。二塁走者のデスパイネが一気に本塁へと突っ込み、本塁へと生還した。

  内川は今季、楽天の先発・岸に対して7打数6安打2本塁打、打率.857と、驚異的な相性の良さを見せていた。第1打席は右飛に倒れていたが、その相性の良さをものの見事に発揮してみせた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」