野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 阪神
  • 下剋上へ阪神が8回に勝ち越し! 高山死球→代走・植田が二盗→暴投→梅野が犠飛

下剋上へ阪神が8回に勝ち越し! 高山死球→代走・植田が二盗→暴投→梅野が犠飛

阪神は7日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第3戦で8回に梅野が犠飛で1点を追加。勝ち越しに成功した。

阪神・梅野隆太郎【写真:荒川祐史】
阪神・梅野隆太郎【写真:荒川祐史】

DeNAエスコバーが死球、暴投で乱れた隙をつかまえる

■DeNA – 阪神(CS・7日・横浜)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神は7日、DeNAとのクライマックスシリーズ(CS)1stステージ第3戦で8回に梅野が犠飛で1点を追加。勝ち越しに成功した。

 7回には同点に追いつかれた阪神。4番手・岩崎が招いた満塁のピンチで三塁手の北條がファンブル。この間に1点を奪われて同点とされた。しかし8回、エスコバーが高山に死球を与えると、代走で植田が出場。完璧なスタートで二盗に成功し、さらにエスコバーが暴投で三塁まで進塁。ここで梅野が中堅への犠飛を放ち、奪われた点をすぐさま取り返した。

 引き分けでもDeNAが1stステージを突破となる。下克上を果たすには勝つしかない。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」