野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季限りで退団の阪神鳥谷、CSファイナル初戦に代打で出場も…二ゴロ併殺打

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが9日に開幕し、今季限りで阪神を退団する鳥谷敬内野手が5回に代打で登場。しかし、巨人先発・山口の前に二ゴロ併殺打に倒れた。

阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】
阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】

好投の岩貞に代えて打席に送るも…

■巨人 – 阪神(CS・9日・東京ドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが9日に開幕し、今季限りで阪神を退団する鳥谷敬内野手が5回に代打で登場。しかし、巨人先発・山口の前に二ゴロ併殺打に倒れた。

 阪神は先発・望月が2回までに5失点でKO。しかし、4回に暴投で1点を返して4点差に。2番手・岩貞も3回から2イニング連続3者凡退と好投を見せた。

 5回、阪神は先頭・梅野が四球で出塁。ここで、矢野監督は好投していた岩貞の代打に鳥谷を送る。東京ドームの阪神ファンは大歓声となったが、フルカウントからの6球目の145キロ直球を打ってニゴロ。鳥谷は併殺に倒れた。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」