野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

恐るべき鷹・工藤監督の勝負勘 なぜ“CS男”の内川に代打・長谷川勇を送ったのか?

9日に始まった「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ。メットライフドームでリーグ覇者の西武と、1stステージを勝ち上がってきたリーグ2位のソフトバンクが戦ったその第1ラウンドは、終盤に逆転したソフトバンクに軍配が上がった。

ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・工藤監督【写真:荒川祐史】

内川はこの試合までCS通算打率.375、10本塁打と短期決戦にはめっぽう強かった

■ソフトバンク 8-4 西武(CS・9日・メットライフ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 9日に始まった「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ。メットライフドームでリーグ覇者の西武と、1stステージを勝ち上がってきたリーグ2位のソフトバンクが戦ったその第1ラウンドは、終盤に逆転したソフトバンクに軍配が上がった。

 勝負を分けたのは8回の攻防だった。1死から柳田の内野安打、デスパイネの中前安打で1死一、三塁のチャンスを作った。松田宣が空振り三振に倒れて2死となったところで、工藤監督が思い切った決断に出た。短期決戦にめっぽう強い“CS男”の内川に代えて、代打・長谷川勇を送ったのだ。

 この試合までのCS通算打率.375、10本塁打30打点はいずれも歴代最高。1stステージでもその勝負強さを遺憾無く発揮していた内川に対する、まさかの代打策。アッと驚く采配だったが、これが当たる。長谷川勇が4番手の平良から、左前にポトリと落ちる適時打を放ち、同点に追いついた。

 さらに、この一打でデスパイネの代走として起用されていた周東が一気に三塁へと進塁。つづくグラシアルへの初球のスライダーを捕手の森が弾いたのを見ると、周東が一気に本塁へと生還した。指揮官の選手起用が見事に的中し、試合をひっくり返した。

 しかし、この場面でなぜ、工藤監督は内川に代打・長谷川勇を送るという決断に至ったのか。CSでの勝負強さは1stステージ、さらには過去の戦いでも十分に知っていること。その決断を試合後、指揮官は「苦しい決断だったんですけど、後悔しないように思いきっていかせていただきました」と振り返った。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」