野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武今井、背信の炎上… 昨年の雪辱果たせず、3回途中6失点でKO

西武の今井達也投手が2回途中6失点と炎上しノックアウトされた。10日、本拠地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。先発マウンドに上がったものの、ソフトバンク打線に 序盤からつかまり、2回2/3を投げて6失点でKOされた。

ソフトバンク戦に先発も3回途中6失点で降板した西武・今井達也【写真:荒川祐史】
ソフトバンク戦に先発も3回途中6失点で降板した西武・今井達也【写真:荒川祐史】

初回に中村晃の適時打で先制点を奪われると、3イニング連続で失点

■西武 – ソフトバンク(CS・10日・メットライフ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の今井達也投手が2回途中6失点と炎上しノックアウトされた。10日、本拠地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦。先発マウンドに上がったものの、ソフトバンク打線に 序盤からつかまり、2回2/3を投げて6失点でKOされた。

 レギュラーシーズンで自己最多の7勝(9敗)を挙げ、CS第2戦の先発を任された今井だったが、ソフトバンク打線の前に終始精彩を欠いた。初回、この日スタメンに復帰した中村晃の右前適時打で先制を許すと、2回には1死一、三塁から牧原の犠飛の間に1点を追加された。

 なんとか踏ん張りたい今井だったが、3回には中村晃に左越え2ランを浴びるなど復調の兆しが見えず。さらに2死から松田宣に四球を与えて、9番高谷に右中間へ適時二塁打を許した。6点目を失ったところで辻監督がたまらず交代を告げ、ノックアウトとなった。

 今井は昨年のCSファイナルステージでも、先発した試合でソフトバンク打線を相手に5回4失点で降板。「同じ失敗は繰り返したくない」と話していたが、雪辱を果たすことは出来なかった。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」