野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュは「球界最高の先発」 MLB公式は契約破棄を“進言”「考えたほうが…」

ダルビッシュは「球界最高の先発」 MLB公式は契約破棄を“進言”「考えたほうが…」

カブスのダルビッシュ有投手は今季終了後に契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を持っている。来季以降、4年総額8100万ドル(約86億8400万円)の契約を残す右腕は、権利を行使しない可能性が高いと見られているが、可能性が消えたわけではない。MLB公式サイトはダルビッシュの後半戦の投球を改めて高く評価した上で「オプトアウトを考えた方がいいかもしれない」と“進言”している。

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

FAとなるかは不透明も…「彼は数か月間、球界で最高の先発投手の1人だった」

 カブスのダルビッシュ有投手は今季終了後に契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を持っている。来季以降、4年総額8100万ドル(約86億8400万円)の契約を残す右腕は、権利を行使しない可能性が高いと見られているが、可能性が消えたわけではない。MLB公式サイトはダルビッシュの後半戦の投球を改めて高く評価した上で「オプトアウトを考えた方がいいかもしれない」と“進言”している。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ダルビッシュは今季、31試合先発で6勝8敗、防御率3.98、178回2/3で229奪三振を記録。前半戦は制球に苦しみ、97回を投げて111奪三振49四球で防御率5.01だったが、後半戦は81回2/3を投げて118奪三振7四球で防御率2.76。コントロールが劇的に改善し、快投を続けた。

 MLB公式サイトは「ダルビッシュがオプトアウトを考えた方がいいかもしれない理由」とのタイトルで特集を掲載。年齢的にFAとなれば厳しいこと、家族がシカゴを気に入っていることなどから、オプトアウトしない方針であると言及しつつ、一方で本人が「まだ決めていない」「まだそのことについて考えていない」と話しているとも伝えた。

 記事によると、5月31日以降に50イニング以上投げた投手143人の中で、ダルビッシュの奪三振率33.8%は5位タイ、与四球率3.8%は5位、被出塁率.240は6位という圧倒的な成績だったという。それだけに「彼は今季後半戦で素晴らしかったため、(オプトアウトを)考えてみる価値はあるだろう」というのだ。

 挙げられている大きな理由は3つ。1つ目は「彼は市場で2番目(もしくは3番目)に良い先発投手」。今オフにFAとなる投手では、今季復活したドジャースの柳賢振については耐久性を疑問視し、バムガーナー、カイケル、ハメルズについては「ネームバリューがあるが、実際の価値はそれ以下かもしれない」と指摘。その一方で、ダルビッシュについては「数か月間、球界で最高の先発投手の1人だった。先発市場でとても良い立場となるだろう」と絶賛している。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」