野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

セCS第3戦 阪神が逆転、3点を追う5回に近本の3点二塁打などで一挙5得点

阪神は11日、巨人とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で、3点を追う5回に一挙5点を挙げ、6-4と逆転した。

阪神・近本光司【写真:荒川祐史】
阪神・近本光司【写真:荒川祐史】

1回に梅野のソロで先制、5回に高山、梅野、近本が適時打

■巨人 – 阪神(CS・11日・東京ドーム)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神は11日、巨人とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で、3点を追う5回に一挙5点を挙げ、6-4と逆転した。

 3点を追う阪神は5回、巨人の2番手桜井から福留の四球、マルテの死球、糸原の四球で無死満塁のチャンスを作った。続く高山が3番手高木から右前打。1死後、梅野が左前適時打を放ち、1点差とした。そして2死後、ドラフト1位ルーキー近本が右翼線に走者一掃の適時二塁打。この回一挙5点を挙げて逆転した。

 阪神は3回に梅野の1号ソロで1点を先制。しかし、その裏に岡本の中越え2点二塁打、阿部の右前適時打で3点を許し、4回には陽岱鋼にソロ本塁打を浴び、3点リードを奪われていた。

 巨人の3勝0敗(アドバンテージの1勝を含む)で迎えた第4戦。引き分けか負けで終戦を迎える阪神が意地を見せている。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」