野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹、2年連続の“下克上”に王手 工藤監督は千賀を大絶賛「最高でした。これ以上ない」

ソフトバンクが3連勝で3年連続日本シリーズ進出に王手をかけた。11日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第3戦。3試合連続で初回に先制に成功すると、序盤だけで5得点。先発の千賀が8回2安打無失点の快投を見せ、日本シリーズ進出にあと1勝とした。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

千賀は8回2安打無失点、リリーフ陣も休ませ「見事なピッチングでした」

■ソフトバンク 7-0 西武(CS・11日・メットライフ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが3連勝で3年連続日本シリーズ進出に王手をかけた。11日、敵地メットライフドームで行われた「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第3戦。3試合連続で初回に先制に成功すると、序盤だけで5得点。先発の千賀が8回2安打無失点の快投を見せ、日本シリーズ進出にあと1勝とした。

 初回、中村晃の適時打で3試合連続で先制に成功。2回には牧原が右翼線を破る適時打で2点を追加し、4回には牧原が十亀から右越えの2ランを放ち、さらに2点を追加した。千賀は初回先頭の秋山に右前安打を浴びたが、その後は西武打線をノーヒットに封じる快投。4回から5回1死にかけては4者連続三振を奪うなど、8回まで2安打3四球10奪三振無失点と好投した。

 3連勝とした工藤公康監督は試合後、開口一番に「見事なピッチングでしたね。ボールが走っていて、低めも意識して、隙のないピッチングをしてくれた」と千賀の投球を大絶賛。8回まで投げたことでモイネロ、森をはじめとするリリーフ陣を休ませることもでき、指揮官は「最高でしたね。これ以上ない。リリーフを休ませることができた。2日空くし、万全で迎えることができる」と手放しで称え続けた。

 打線も3試合連続で初回に先制点を奪い、3試合連続の2桁安打で西武投手陣を打ち崩しており「初回から点を取ってくれて集中力があるなと。 集中力を高めて打席に入ることがうまくいっていると思います」と指揮官。投打の歯車がガッチリと噛み合っており、工藤監督も「隙のない野球をやりたいと思っていてこういう大きな舞台で1球への集中力を高くやれている」と目を細める。

 これで3勝1敗とし、3年連続での日本シリーズ進出に王手をかけた。それでも、指揮官は一戦必勝の姿勢を崩さない。「そこ(王手)は考えていないです。1つ1つ、次のゲームのことだけ。今日のことは忘れて、またその日のゲームに勝つことだけを考えてやっていく」。12日の試合は台風の影響で中止。1日空いて迎える13日の第4戦で一気に日本シリーズ進出を決める。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」