野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人の有利は「変わらない」も…「ミラクルを起こしてきた」阪神に勝機は?

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは、13日に第4戦が行われる。11日の第3戦では阪神が意地を見せ、激戦に7-6で勝利。12日は台風19号が直撃した影響で中止となり、1日空く形となった。アドバンテージを含めて巨人が3勝1敗と日本シリーズ進出に王手をかけている状況に変わりはないが、流れはいったいどちらにあるのか。

巨人・原監督(左)、阪神・矢野監督【写真:Getty Images、荒川祐史】
巨人・原監督(左)、阪神・矢野監督【写真:Getty Images、荒川祐史】

12日の試合は中止に、第3戦で息を吹き返した阪神打線はいい感覚を維持できるか

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは、13日に第4戦が行われる。11日の第3戦では阪神が意地を見せ、激戦に7-6で勝利。12日は台風19号が直撃した影響で中止となり、1日空く形となった。アドバンテージを含めて巨人が3勝1敗と日本シリーズ進出に王手をかけている状況に変わりはないが、流れはいったいどちらにあるのか。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 巨人戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーし、昨季まで2年間ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球解説者の野口寿浩氏は「巨人の有利は変わらない」と指摘。阪神打線は息を吹き返したが、1日空いたことも巨人に有利に働くと見ている。

 レギュラーシーズンでは怒涛の6連勝で3位に滑り込み、CSファーストステージでも驚異の粘りを見せて2位DeNAを破った阪神。巨人とのファイナルステージでは第2戦まで打線が“沈黙”していたが、第3戦でようやく目を覚ました。近本、北條、高山、大山、梅野といった快進撃を支えてきた選手たちが快音を響かせての勝利に、野口氏も「ここ2戦はけっこう抑えられている感じがしましたが、ようやくそういうものが出てきましたね」と振り返り、「1、2戦目にやられた巨人のいいピッチャーは、山口俊は6戦目まで出てこないでしょう。メルセデスはおそらく先発はないでしょう。そう考えると、阪神打線はある程度は行けるかもしれない」と予想する。

 ただ、1日空くことがどう影響するか。野口氏は「打線が良いつながりを見せましたが、12日は試合がなかった。流れをそのまま、と考えると、身体はしんどいかもしれませんが、阪神としては、台風が来ないで試合があったほうがよかったかもしれません」とも指摘。ただ、天候はコントロールできないだけに、打線がいい感覚を維持できるかがポイントとなりそうだ。

 一方で、巨人にとってはこの休みは全く逆の意味を持つという。「ピッチャーもけっこう出ていましたし、中継ぎも休めたと思います。しかも、ポンポンといい形で勝った後に1つ負けていたわけですから、これでリセットする時間ができたのは確かでしょう。経験豊富なメンバーが多いので、しっかり切り替えもできるはずです」。激戦を落とした影響を最小限に留められるというのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」