野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

崖っぷち西武、先発・本田は2発に沈む 鷹の勢い止められず4回途中3失点で降板

西武の本田圭佑投手が13日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で先発し、4回途中3失点で降板した。

4回途中でKOとなった西武・本田圭佑【写真:荒川祐史】
4回途中でKOとなった西武・本田圭佑【写真:荒川祐史】

今宮とグラシアルに被弾、西武は負ければCS敗退が決定

■西武 – ソフトバンク(CS・13日・メットライフ)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 西武の本田圭佑投手が13日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で先発し、4回途中3失点で降板した。

 ソフトバンク打線の一発攻勢の前に沈んだ。3回、1死から高めに浮いたスライダーを今宮に捉えられ、左翼スタンドに運ばれる先制ソロを被弾。4回は先頭のグラシアルに真ん中近辺の直球を痛打され、左中間スタンド中段に持っていかれた。さらに続く松田宣に中前打を浴びたところで、辻監督は本田を諦め、平良に交代。平良は9番・甲斐に左翼線への適時二塁打を浴び、さらにリードを広げられた。走者を出しながら粘っていた本田だったが、ソフトバンク打線の勢いを止めることができなかった。

 3連敗で崖っぷちの西武。この試合に敗れれば、CS敗退が決定する。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」