野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武平良にアクシデント 鷹デスパのライナーが右足直撃、続投も安打と四球許して降板

西武の平良海馬投手が、打球が直撃するアクシデントに見舞われた。13日、メットライフドームでのクライマックスシリーズファイナルステージ第4戦。5回先頭のデスパイネの打球が右足に当たり、場内が騒然とする場面があった。

打球が直撃した西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
打球が直撃した西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

4回途中から2番手でマウンドに上がった平良は5回1死一、二塁で降板

■西武 – ソフトバンク(CS・13日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の平良海馬投手が、打球が直撃するアクシデントに見舞われた。13日、メットライフドームでのクライマックスシリーズファイナルステージ第4戦。5回先頭のデスパイネの打球が右足に当たり、場内が騒然とする場面があった。

 山川の適時二塁打で1点を返し、2点差で迎えた5回だった。先頭のデスパイネが放った痛烈なライナーが右足のふくらはぎ付近を直撃。すぐに転がった打球を処理してアウトにしたが、その直後、その場でうずくまり、痛みに顔を歪めた。小野投手コーチ、トレーナーが駆け寄ると、肩を担がれて治療のためにベンチへと下がった。

 治療を終えると、平良はマウンドへと戻り続投。だが、中村晃に右翼線二塁打、グラシアルにはストレートの四球を与えた。平良はここで降板に。3番手で松本航がマウンドに上がった。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」