野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

CSパ最終S第4戦は鷹が5回終え1点リード 勝てば3年連続日本S進出、西武反撃なるか

ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけて迎えたクライマックスシリーズ ファイナルステージ第4戦は、5回を終えてソフトバンクが1点をリードしている。3回に今宮のソロで先制、4回にはグラシアルのソロなどで2点を加えて優位に試合を進めている。

本塁打を放ったソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】
本塁打を放ったソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】

ソフトバンクは3回に今宮、4回にはグラシアルのソロなどで3点を先行

■西武 – ソフトバンク(CS・13日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手をかけて迎えたクライマックスシリーズ ファイナルステージ第4戦は、5回を終えてソフトバンクが1点をリードしている。3回に今宮のソロで先制、4回にはグラシアルのソロなどで2点を加えて優位に試合を進めている。

 ソフトバンクは3回、今宮が西武先発の本田から左翼スタンドへ飛び込むソロ本塁打を放って先制。4回には先頭のグラシアルがソロを放つと、甲斐の左翼線を破る適時二塁打で2点を加えて3点のリードを奪った。

 崖っぷちに立たされている西武は4回に山川の適時打で1点を返すと、5回にはメヒアがソロ本塁打を放って1点差に詰め寄った。ソフトバンクは5回途中から継投策へ。バンデンハークから嘉弥真に繋ぎ、5回2死満塁のピンチは3番手の高橋純が外崎を二ゴロに打ち取って窮地を脱した。

 第1戦から3連勝を飾り、通算成績を3勝1敗としているソフトバンクはこの試合に勝てば、3年連続となる日本シリーズ進出が決まる。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」