野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武山川、やっと出たCS1号! ベンチ前で“初どすこい”「うまく打てた」

西武の山川穂高内野手が13日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で、3点を追いかける6回にCS第1号となるソロホームランを放った。この試合に敗れればCS敗退が決まる大一番で、本塁打王の一発がようやく飛び出した。

本塁打を放った西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
本塁打を放った西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

本塁打王がようやく一発「1点かえすことができてよかった」

■西武 – ソフトバンク(CS・13日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の山川穂高内野手が13日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で、3点を追いかける6回にCS第1号となるソロホームランを放った。この試合に敗れればCS敗退が決まる大一番で、本塁打王の一発がようやく飛び出した。

 5回にメヒアのソロで1点差に詰め寄ったものの、直後の6回に3番手・松本航が今宮に2ランを浴びて突き放された西武。6回裏、先頭の山川はこの回からマウンドに上がったソフトバンク4番手・石川のスライダーを捉え、バックスクリーンに運ぶ豪快なソロアーチを放った。「うまく打てた」という会心の当たりに、ベンチ前で今シリーズ初の「どすこい」ポーズを披露した山川。「点を取られた直後だったので1点かえすことができてよかったです」と淡々と振り返った。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」